×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葬式のマナー(通夜・葬儀・告別式の服装)

葬式のマナーで通夜・葬儀・告別式の服装の場合を紹介します。まず通夜の場合は、とり急ぎ通夜の弔問にかけつける時は、平服のままでも大丈夫です。なぜなら、先方も通夜の様々な用意が整っていない場合が多くからです。また、通夜を礼装で訪れてしまったら人の不幸を予期していたようになってしまうい、先方にかえって失礼になってしまうからです。ただ平服といってもなるべく地味な服装が望ましいです。男性の場合は、ネクタイと靴下をできれば黒にしておいたほうがよりいいと思われます。葬儀・告別式の参列時の一般会葬者の場合の服装としては通常礼服がいいと思われます。また、特に親しい間柄でない場合は、黒の平服でもかまいません。男性は、ダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴で女性は、黒のワンピースまたは黒もしくは地味な色のスーツ、黒の靴が望ましい服装です。ただ男性女性のどちらも黒でも光沢のある黒は避けるべきです。

葬式のマナー(お香典の表書き)

葬式のマナーでお香典の表書きを紹介します。仏式だと葬儀の時の表書きは黒白の水引を使います。表書きは上段中央に、「御霊前」と書くのが最も多いです。「御霊前」の他にも「御香料」、「御香典」、などといった書く場合があります。忌明け後(四十九日後)の法要の表書きは、黄白の水引を使って、「御仏前」と書きます。「御仏前」の他にも「御供物料」と書く場合があります。二人で一緒にお香典を包む場合は、下段中央にそれぞれの名前を横に並べて書きます。また、会社や会社の営業部などでのグループで包む場合は、半紙などにお香典を包んだメンバー全員の名前を書いて、中袋に入れます。お香典の表書きには、「◯◯会社営業部一同」や「◯◯会社」などのようにグループを表す名前だけを書きます。

葬式のマナー(仏式葬儀の作法)

葬式のマナーで仏式葬儀のお焼香の作法を紹介します。ただお焼香の仕方は、宗派などによって違いがあるので、正確なお焼香の作法を知りたい方は、それぞれの宗派の導師に尋ねてみてください。お焼香の作法はまず最初に、遺族の方々に一礼をしてから、焼香台のある仏前に進みます。遺影と本尊を仰いで、頭を下げ黙礼をします。二番目に右手で焼香用の香をつまみます。三番目に額のところまで香をつまんだ右手を持ってきます。四番目に香を香炉に静かにくべます。くべる回数は宗派で決められただけの回数を行いますが、二回目からは額まで香を持ってくる必要はありません。また会葬者が多い場合は、焼香は一回だけ行います。これは宗派問わず慣例化しています。最後に合掌礼拝をしてから遺族の方々に一礼をして、退きます。合掌の最も代表的なしかたは、指と指の間を離さずにくっつけて、掌をピッタリと合わせ、胸の前にもってきます。このときに掌は、胸にはつけずに少し前に出します。

Copyright © 2008 葬式のマナーについて